鹿児島・霧島で新築戸建住宅をお考えなら、低価格・高品質のグッド住宅

グッド住宅
モデルハウス見学会 予約はこちら
お問い合わせ先 0995733770 受付時間 店休日
スタッフブログ

2018.3.26  地盤について。

皆さん、こんにちは!

本日は、お客様とお話しさせていただく中で出てくる不安の一つ「地盤」について
お話しします。

少し前の話になりますが、3.11の時に液状化現象で建物が傾いてしまったり、
地面が沈んだことで水道管等が破損してしまったりした地域も少なくなかったですよね。
それも「地盤」に関係がある話なんです。

グッド住宅では必ず着工前に「地盤調査」をさせて頂いております。

 

「地盤調査」とは、
その地面の上に建築物を建てた後に、「不同沈下(地面の一部が大きく沈んで建物が傾いてしまう事)」などが
無い様に、事前に、建物をそのまま建築しても良いかまたは改良工事が必要か、地盤を調査することです。

調査や改良工事は専門会社が行っており、地盤調査をしてそのまま工事OKや改良工事後OKになった場合、
調査機関から保証書も出るので安心ですね。


そして、地盤調査をして「改良工事」が出てしまった場合、様々な改良方法があるのですが、
オススメは砕石パイル工法です。

オススメの理由は、

①地震の衝撃に強い。砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。

②環境貢献。砕石しか使わないので、土境汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。

③産廃費用が発生しない。産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

④保証。日本大手保証会社の認定工法。

⑤継続性。セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

 

家の強度も大事ですが、その下の地面も大事ですね。

 

霧島で新築住宅、注文住宅、建売住宅、売地、中古住宅をお考えの方は、グッド住宅へ

モデルハウス見学会

お電話でのお問い合わせは0995-73-3770まで